ゴルフ「方向性を失わない飛距離アップ」

2016年03月09日

ゴルフスイングの基本は、自分に合うスイングリズム

あなたにゴルフのスコアを一気に縮める秘訣をお教えします。
明日からのスコアが、最低でも10は縮められる秘訣です。

それは、
ドライバーからアイアン、アプローチに至るまで全てスイングリズムを一定にする
ということです。

これができれば、あなたのスコアは明日にも10打以上は縮まります。

よくプロのトーナメントで、携帯の着信音が聞こえミスショットをする選手がいますが、
あれは携帯の着信音によってスイングリズムを乱されるのが原因です。

プロであってもあれだけナーバスになるのですから、
アマチュアのあなたはよりスイングリズムに注意する必要があるのです。


ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」
私は全てのショットで同じリズムで打っていることが分かるかと思います。

TVでプロゴルフトーナメントの映像を見ると分かるのですが、実はプロのスイングはどのショットも毎回一定です。

選手の映像がころころ変わりますので気づきにくいのですが、同じ選手の映像をつなげると、実はドライバーもアイアンもウェッジも全て同じリズムで打っていることが分かります。

ここで少しラウンド中の自分の姿を思い出してみてください。

ティーショットとセカンドショット
ティーショットとアプローチショット


全て同じリズムで打てていましたか?
・・・
全てのショットで一定のリズムを保つことによって、あなたのスコアは安定するようになります。

ぜひ、あなたも今日からドライバーからアイアン、
パターに至るまでリズムを同調させてみて下さい。

きっとゴルフのスコアがアップすることでしょう。

ただし、このスイングリズムというのは人それぞれ異なります。
テンポの速い人もいれば遅い人もいます。

例えば、タイガー・ウッズ、石川遼、ジャンボ尾崎選手などはスイングのリズムが速く、
一方、宮里藍、藤田寛之選手などはスイングのリズムがゆっくりです。

どれが正しくどれが間違いということではなく、
人それぞれ自分なりのスイングリズムというものがあるのです。

自分に合うスイングリズムでなければスコアは伸びません。

先ず「自分なりのリズム」を知り、このリズムをドライバーからアイアン、
パターに至るまで全て一定にすることが大切です。

そこで私のレッスンでは、まず自分に合ったリズム探しのコツや
リズムを同調させる方法からお教えしています。


ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

あなたはよりスイングリズムに注意する必要があります
ゴルフ上達にはゴルフスイングの左手
posted by ゴルフスイングの基本 at 17:18| ゴルフスイングの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする